ちゅんちゅんたろうの日記

統合失調症の闘病日記。病気だけど明るく生きていく方法を模索中!

体が疲れたときの回復法

薬の飲み方を変えてから調子がいいです。

家事も前よりはできる量が増えました。洗濯して掃除して料理を作って...疲れて休みながらですが、毎日この生活をできることが嬉しいです。

 

でも調子がいい分、夜になってくると疲れてしまってバテてしまうことが多いです。バテた時はシャワーを浴びるとたいてい回復します。循環がよくなって、体がポカポカして疲れがとれるのでしょうか?詳しいことはわかりませんが、動けないほど疲れた体が動けるまでに回復するので、不思議です。

 

シャワーを浴びても回復しないときは、彼氏に髪を乾かすのを手伝ってもらい、早めに寝ます。疲れている彼氏に手伝ってもらうのは申し訳ありませんが、本当にありがたいです。疲れているときは寝るに限りますね!いつも疲れたときは夜から昼ごろまでぐっすり寝ています。そして、起きて「もうお昼だ...やることやらなきゃ...でも体が動かない。ちょっと休んで動こう。」というのを繰り返しています。

 

 今は焦らなくていいよ!と、彼が言ってくれてるので、お言葉に甘えて、今できること(家事)を頑張ろうと思います。

 

 

 

 

波に乗る

今日は普通に動けてると思ったら、夜にどっと疲れてしまいました。少し息苦しく、貧血のような状態になってしまいました。今日の朝うっかり薬を飲み忘れたので、そのせいもあるかもしれません。

 

でもここ一ヶ月で一番動けた日でした。最近怖くて乗ってなかった自転車に乗って、歯医者に行き、虫歯の治療をしました。最近彼氏から毎日「息が臭い!!虫歯だよ!!」と言われ続けたので(笑)、やっと歯医者に行けてよかったです。

 

 今はまだ一日のうちでも心と体の調子の波があります。調子がよく普通に歩けて楽しく家事もできる時は、「私余裕で働けるんじゃないかな?」と思うのですが、その後に体が重くてだるくなり、「これじゃまだまだ働けない」と落ち込みます。心の調子が悪い時は、「猛烈に生きていることが嫌になり、なにもしたくなく」なります。でも、客観的に考えてみると楽しいことも哀しいこともあるのが、生活をするということですよね。普通の人でも、一日のうちで喜怒哀楽があるから、波があるのはあまり前のことと捉えて、そろそろこの波にも慣れたいところです。

 

この波に乗って人生の帆を上げて舟を漕ぎ出せば、嵐の日も晴天の日も越えて、平和な島に辿り着けるかな。←突然ポエマーになる私。(笑)

 

今日は本当に楽しい一日でした。明日も調子がいいといいなー💠

 

 

 

 

 

昨日のこと

昨日はブログにも書いたとおり、朝幻聴が聞こえて怯えていました。しかし、シャワーを浴びた後に幻聴は収まり、友達に会いに行くことを決意しました。

 

久しぶりに東京まで行ってきました。

朝約束の時間に起きてしまった上に、幻聴が聞こえて遅くなった私を友達は優しく迎え入れてくれました(;_;)

 

幸い満員電車に乗らなくて済んだので、なんとかパニックにはなりませんでした。けど、高架下を通ったときに電車が通る大きな音がして、うずくまりそうになりましたが、友達に心配かけてしまうと思って、なんとか耐えました。

 

カフェでお茶して、サムギョプサルを食べて、お腹いっぱいになった一日でした!

久しぶりに会えた友達もいて、近況報告をしあったら、友達は葛藤しながらも社会人生活を送っているようでした。私からは彼女に「あまり自分を責めないでね」と言いました。なんだか過去の自分を見ているような気持ちになり、少しでも彼女を励まそうと思いました。

 

誰かを蹴落としたり、人の弱みにつけこんだりして仕事をするのは心が病んじゃいそうだけど、それが現実なのでしょうか。社会人経験のない私は、友達からそういう話を聞けて、とても勉強になりました。

 

 

 

みんな働いていて、きっと時間の有り余っている私のことを羨ましく思うでしょう。この時間を有効に使って、勉強したいことを思いっきり勉強しようと思いました。料理、マッサージ、英語...勉強したいことはたくさんです。

主婦をするのも悪くない!勉強して生活に活かそう!

声を利用する

色んな声が聞こえてきて困っています。

ですが、私は人間としてまだまだだなーと気付かされ、この声をきっかけにより優しい人になりたいと思います。

でも、死になさいという声だけには従わないようにします。死んだら家族と彼氏に迷惑がかかる。やめよう。

 

あ〜私はダメダメだ。

 

今日は調子が悪いのでネガティブです。

ここらへんでやめておきます。

元気な日

今日は本当に久々に立ちくらみとふらつきがありませんでした。少し目の前が真っ暗になったけど、こんなのへっちゃらです!

 

今回のことでいつ調子が悪い時が続くのかわからないということを学びました。ごはんがカップ麺になり、肌も荒れ、とても人間らしいとは言えない生活でした。これもこの病気と付き合っていくための勉強ですね。

 

まだすぐ疲れやすいので本調子ではないけれど、それでも今日ふらつかず過ごせたのは先生のおかげだと、感謝しています。

 

あっという間に一日が過ぎて行きました。やりたいこと全部終わらず、洗濯物を片付けるところまでできませんでした。でもまあいいか。明日調子がよかったらやります。

 

 

立ちくらみとふらつき

立ちくらみとふらつきがひどくて、毎日倒れ込んでいます。

先生に連絡したら、薬の飲み方を変えてくださいとのことでした。インヴェガが朝1錠夜1錠から朝2錠に変更になりました。

薬の副作用かどうかはわからないとのことでしたが、これで改善すればいいなあ。

 

自分の体に起こってることがわからず、ただ天井を見つめて寝てばかりの日々。ちょっと不安です。

 

 

幸せ。

ふと、幸せだなあと思いました。

 

これまでを振り返ると...

仲良くなって、告白され、振って、それでもめげず一ヶ月後彼は私と仲良くしてくれ、彼のいいところをたくさん知った私は彼に告白しました。

その後付き合ってしばらくして、私が病気になり、人が怖くなった私は彼さえも怖くなったけれど、それでもついていてくれました。歩けなくなった時もご飯を買ってきてくれました。自力で生活するのが困難だったので、ほどなくして私が地元に帰り、いつ終わるかわからない遠距離恋愛がスタートしました。夢を失って辛い時も、死にたくなった時も、ずっと私を見捨てず励まし続けてくれました。

彼が就職するのにあわせて同棲がスタートしました。今まで見えなかった部分が見えてきてぶつかることも多くなったけど、何度も本音を言い合い仲直りして、もっと仲良くなってきました。彼は忙しいけれど、必ず家に帰ってきてくれて隣で寝てくれる。そんな彼のかっこいい寝顔を見ながらキュンキュンし、この同棲しているという事実が「幸せだ〜」と思いました。

 

幸せを感じさせてくれる彼に感謝しています。同棲を許してくれた彼の家族と私の家族にも。

 

いつも本当にありがとう。大好きです。