はるかの日記

統合失調症の闘病日記。病気だけど明るく生きていく方法を模索中!

私の考え

【尊敬する兄さんの言葉】

なんだかグッっとこらえて頑張っている兄さんに、なぜそんなに我慢できるのか?と問うた。 大切な人が幸せだったらそれでいいのだって。 家族や兄弟を守っているのだって。 私はひどく感動して、家族の希望を叶えることを決意した。家を出ていこうって。 家…

【一期一会セラピー】※あくまでも私の体験談から名前をつけただけです

私の体験談によるところが多いので、あまり参考にはならないと思いますが、興味本位で見てください。 一年弱バーテンダーを含めたアルバイトをしておりました。一期一会の出会いが多く、世の中にはたくさんの人がいることを学びました。 人それぞれの人生の…

【心からの笑顔】

本当に死にそうな体験をし、どんな人も人生は辛いと悟り、笑っていようと思っていました。 私は笑顔をよく褒められるのですが、そんな堅い覚悟の上の笑顔は好きではなくて。正直、心の中で思いやりに欠けると感じた人を差別していたにも関わらず、笑顔でいた…

諸外国での精神疾患の捉え方の違い

【イタリアの精神科改革とアメリカの価値観の話】 イタリアでは、1978年から1998年まで精神科の改革が行われ、病院から精神科がなくなった。 目から鱗のようなこの実話は映画にもなっている。精神病を持つ人が社会のコミュニティーの中で生活することが重要…

お薬BOXを作ろう!

もうお薬なんて飲みたくない時は、可愛いBOXにお薬を入れて少しでも気分を上げるようにしました。 まだ私のレキサルティ 入ってます。 古いお薬は湿気っちゃうので捨ててねとお医者さんが言ってました!

障害は個性か

障害は個性だと励まされたことがありました。 本当に本当に怒り狂って、こんなに私を苦しませるこの病気は個性じゃないよと説明しました。 そんな明るいものではないの、この病名で私は労働を禁止されていたと。 そのあと、その心底クレイジーな彼は、はるは…

先程の投稿、訂正や!!!

気づいたことは医師も人間。 色んな考えを持っており、時には科学のルールを無視して信念に向かって助けようとする人もいる。 批判結構、論破上等、かかってこいや という余裕の笑顔をみせている人もいる。 面白い! だから、私たち患者自身も、医師だから、…

患者の私が理解しなければいけないこと

私を含め、精神科の医師や医療に対して疑問を持ってしまうのは、私達患者の生活が未だにしんどいからです。 頑張っても頑張っても身体が思うように動かない。いくら前向きに思っても、しんどいもんはしんどい! 医師は、推奨されているガイドラインや新たな…

何にも変わらない。

わたしのお医者さんは寛解と言ったけど、 実は私はなーんにも変わっていない。 相変わらず原因不明の熱は出すし、 聴覚は過敏で困るし、 私の頭の中はいつも哲学でいっぱい。 変わったことは薬を飲まなくなったこと。 身体の副作用はあまりなくなった。 薬を…

再考。

自分が統合失調症の患者として差別されて悔しかった時の思い。 そんな時に触れた優しい人たちが自分を守ってくれたこと。 そんなことを考えたら、こんなところで弱音を吐いてはいけないなと思った。 ちゃんと自分が証明しなくてはいけない。 もちろん、日本…

人との向き合い方

人は様々な意見、考え方、価値観を持っている。 伝え方を誤ってしまえば、その人の自信を失くさせる。だから、否定しないようにしようと思う。自分の意見やアイディアは、紙やSNSなどどこかで発散して、求められない限り言わないこと。 その人の生き方をコン…

開拓されていない世界を拓こうとして

ここからの記事何件かは悲しみについて向き合う日記にさせてください。もし、読むのがつらい人がいたら読まないで大丈夫です! 2019年に挑戦したのは 新しい自分のやりたいお仕事 新しい治療法を見つける事 この2つです!! お仕事の方では、たくさんの葛藤…

不完全さ

なんだかとても心の余裕がなくなってしまって、不完全な自分と理想のギャップを埋められません。 まだまだ自分の努力が甘いのはわかっているけれど、それを考えると頭がおかしくなりそう。怖いです。 優しさの足りない自分が、 配慮のできない自分が、 愛の…

優しい心

自分で言うのも少し恥ずかしいのですが、私の私利私欲を考えずに優しい心で物事を考えてしまうことが、結果として仕事や恋愛でとても大変な思いをしているのだな〜と気がついてしまいました。自惚れた発言笑っちゃいますけどね笑 人に嘘をついて騙したり、自…

統合失調症患者が社会に出てみてわかったこと

お医者さんには3年間以上、あなたは働けないよと言われ、就労を禁止されておりました。 そんな中、実家に帰ってきて、仕事を始めてみたら、新しいお医者さんは「あれー始めたんですかー」と笑っていました。 いつも温かく見守ってくださっていました。 統合…

久しぶりに涙。

私が人を愛したところで、その人を苦しめるだけかもしれない。 一度病気になってしまったら、そういう運命なのかもしれない。 だからこそ、自分が今できることで人を幸せにしたいなあと思う。 昔は、愛情に溢れたお母さんになるのが目標で、そうなれるように…

素敵な人との出会い

人との出会いは一期一会。 その人が何を大切に生きているのか、それを知った時に気がつくことがたくさんある。 世の中には私が出会っていないだけで、まだまだ素敵な人がいるのだと思う。 狭い世界で生きないようになりたい。 自分がクレイジーだと人から思…

パートナーを持たない選択

色々考えた結果、もしパートナーがいたら、パートナーに迷惑をかける生活をすることになることに気がつきました。 そのことをようやく理解してきました。それほどの症状が出る可能性があり、パートナーがいたら頼らざるを得ないのです。 これから先も、人を…

体調が悪い私へ

ご無沙汰しております。 毎日毎日色んな悩みがあって、 一番の悩みは家族のこと。 二番目は自分の健康のこと。 三番目は生活のこと。 一日一日時が流れていくのに、それでもまだ生きているってことが幸せですよね。 辛い。大変だ。苦しい。 そういう気持ちを…

人を疑ってしまう病気

これは最近わかったことなのですが、統合失調症の一つの症状で、人を疑ってしまうというのがあるらしいです。 でも、そんな中でも少なからず信じられる人がいて、たまに騙されたりもするけれども、それだけの人がいてくれればいいと思っていました。 人の心…

I’m gonna change the world

この世には正しいことや間違っていること、など正解はありません。 人がどう思うか、つまり人の価値観で動いているのです。その価値観が大多数となった時に世論となります。 そして、世論により私たち精神疾患を持つ人の置かれている立場は、今もなおとても…

金髪の姉さん。

ここ半年で私に影響を与えてくれた人がいます。 同じ職場で働く姉さんです。 誰よりも仕事のできる人で、30分に一度のペースで名言を自然に吐いて周りの人の人生を肯定する姉さん。 姉さんは30パーセントしか仕事では力を出してないというけど、わたしには70…

頑張らない

もう頑張らないことにする。 自然体の私でいく。 お仕事もプライベートも頑張ろうと思ったら、見返りを求めず、すごく頑張ってしまう。 このままいくと、自分が壊れるのがわかった。 自分のポリシーを曲げて仕事をしたり、彼氏とのデート代を貯めて、それを…

忘れないで。

大事なことを忘れていないか? と、心の中で問いました。 昔から、人の気持ちを考えすぎてしまう感受性の豊かさが私のいいところでもあり、時に自分を生きづらくさせてしまう問題になっていました。 辛いだとか苦しいだとかそういう気持ちは誰にでもあります…

生きなさい。

死にたくなるほどの経験をして、実際に死のうとしてたくさん薬を飲んだけど、それでも死ななかったということは...生きなさい。ということ。 だから、やりたいことをやろう。自分の大切なことを守ろう。

逆転の発想

1週間ほど前、ハイキングをした後に、久しぶりにご飯を食べただけで気持ち悪くなってしまい、うまく早く歩けなくなりました。彼氏の腕を掴みながらなんとか歩いていました。 近くのボーリング場まで行って、休もうと思ったのですが、せっかく久々に会えた彼…

レキサルティ 34.35週間内服してみて

実は毎週火曜更新のつもりで書いていたレキサルティ のレビューなのですが、いつも更新が滞ってしまうので、今回はあと2日残しての更新をします。 0.25mgにしたお陰ですごく体調が良くなりました。お仕事にも欠勤することなく通えています。 幻聴(思考化声…

品と私の核を持とう

今日は珍しく病気とは関係ないことです。 仕事を始めて色んな人と接する中で気づいたことがあるので、少しずつ書いていこうと思います。 私は接客業を始めてから、人は目と耳と鼻から入ってくる情報によって人を判断するということを理解し始めました。 ・目…

レキサルティ 26週間内服してみて

今週もレキサルティ 飲み切りました〜!! 幻聴について 久々にたくさん聞こえた週でした。もう疲れてくると、私を責める心の中の声が次々と流れ出てくる。でも、そんなの一瞬だけ気にして、あとは確固たる負けない意地を持ちました!次第に聞こえなくなると…

自分の身体のことを知ろう

先程の記事に書いた通り、今日は初めて仕事をお休みしてしまいました。 でもこのままじゃだめだ! いつまでたっても成長できない。 体調の波があっても、日常生活を難なく送れるようにしないと、これからの生活でまた自分自身に負けてしまうと思います! こ…