うつ状態と心身の症状の対策

現在の私はベックうつ病調査表(BDI)の結果、48点で極度の鬱状態です。
医者に症状を訴えると薬は出されますが、特にこれといった対策を教えてくれるわけではありません。休養しなさい、好きなことだけをしなさいと言われます。

珍しく気分が落ち着いた夜中に、自分の症状と対策をまとめたので、ここに載せておきます。




#受容困難
 自分の鬱状態を認識できない⇔身体症状、精神症状の発現・消失
 *対策*
自分の状態を認識するためにノートを書いて整理、事実を追っていく
 自分をありのまま認める

#吐き気
 少し吐き気がする⇔少しの吐き気なら慣れてきた
 *対策*
吐き気があるときは無理しないで横になる、水を飲みすぎない
吐いてもいい

#めまい、ふらつき
 特に朝めまい、ふらつきが起こる⇔私は歩けるという過信
 *対策*
 いつも通り歩くとめまいが酷くなると認識し、ゆっくり歩く
 歩けなさそうなら、無理をしないで横になる
 歩くときは何かにつかまる、座ったまま移動してもいい

#傾眠
 寝てしまう⇔昼間寝たら夜寝れなくなるからできるだけ寝たくない
 *対策*
眠い時は寝る
 注意⚠寝不足でさらに疲労するrisk有、睡眠不足でSSRIの効果弱まる

#将来への希望が持てない
 私には責任のある仕事につくのは無理だ
 誰かを傷つけたくない⇔人生は続く、生きていくうえで人と関わっていかなければいけない
 *対策*
体調がよくなったら考える

#思考力の低下
 何を買うのか忘れる
 何をしたいのか、言いたいのか忘れる
 たくさんの人が一度に話してくると、対応できず、パニックになる

#希死願望
 私は死ななきゃいけない、みんなに迷惑をかけて申し訳ない
 *対策*
 うつ状態がそう思わせていると自分に言い聞かせる
 生きていてもいいという家族の気持ちに甘える
 私の鬱は必ず治るという希望を持つ
 よくなったらみんなに恩返しをしよう

#気持ちが沈む
 *対策*
 無理に明るくなろうとしなくてもいい、死なない程度にとことん暗くなる
 全然関係ないことをして逃げる(雑誌や本を読む、アロマ)



医者は教えてくれないから、自分で何とかしなきゃ!