希望をもって

統合失調症の治療において希望を持つことが重要だと思います。
思いがけず病気になってしまったし、この先どうなるかもわからないから、希望を持つことは難しいです。だけど、だからこそいつかは自立して仕事を持てるという希望を心の底に持っているのといないのとでは、自分の精神状態も変わってくるでしょう。
希望を持つために今できることは調子のいいときに、自分を大切にしながら、できる範囲のことをやってみることです。そうすれば、健康を維持でき出来る事も一つ一つ増え、将来の可能性に希望を持てるのではないでしょうか。
この逆境を人生のスパイスだと思えるくらいになるために、希望を持ちましょう。いつか明るい生活ができるようになるはずです。