読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大切な人たちのために生きよう

1つ前の記事で【死にたい気持ちと闘う】を書きました。

たった2日間くらいの出来事だけれど、私の中では壮絶な出来事でした。

記事を書いたあとに、どうしたら私は生きたいと思うのだろう、と考えさせられました。どんなにひどい幻聴が聞こえてきても、生きたいと強く思う理由が欲しいと思ったのです。

生きる理由を考えた時に、私は大好きな人のためなら自分の持てる力を最大限に発揮できることに気がつきました。例えば、これまで私は自分のためならあまり料理をしてこなかったけど、一人暮らしをやめて実家ぐらしをしてから、家族のためならと美味しい料理を作るためにがんばることができました。

栄養バランスのいい食事を作ることは、家族が健康に生活することにつながり、私にとってそれが一番幸せなことです。家族のためと思ってすることは、私のためになるのです。

結局、人のために生きることが自分の幸せになるということです。大好きな人たちのために生きることは私の生きたいと思う理由になり、それは最大の力を発揮できます。

中学生の時から20歳まで自分の夢のためだけに生きてきたから、このことに気が付きませんでした。人のために生きることが自分の幸せになると知ったことは病気になって得たものの1つですね。私はまだまだいろんなことに気づくために病気になったのかもしれません。


もう死にたいなんて言いません。私は人のために生きると決めたから幻聴にも負けないと思います。

みんなの幸せが私の幸せだと言える人になりたいです。けど、「あなたのために生きてる」と言ったら重い気がするので皆には秘密にしておきます(笑)