ちゅんちゅんたろうの日記

統合失調症の闘病日記。病気だけど明るく生きていく方法を模索中!

私は私の道を。

同級生はみんな卒業しました。
きっとみんな並々ならない努力をしてきたから、卒業できて本当によかったと思います。と、同時にとても悔しいです。

私も卒業したかった。

サプライズでみんなの卒業式に行って、「おめでとう。」と言うつもりでしたが、当日になって皆のことが羨ましくなってしまい、行けなくなってしまいました。

退学したのも自分が決めたことだし、後悔はしていないのですが、私は皆の袴姿を前に祝福できるほどの器の大きな女じゃありませんでした。

でも、だんだんと行けなくてよかったと思えてきました。
私が死ぬほど助産師になりたかったのも事実で、皆のことを羨ましくないわけがないからです。
きっと卒業式に行ったら私は大泣きしていたと思うので、本当に行かなくてよかった。

ただいつまでも羨ましがっていては前に進めませんね。
私は私の道を歩みます。

でもまだ道が見つかりません。

道が見つからないときってとても辛いです。

死なない程度にがんばって、自分を励まして落ち込まないようにします。