ちゅんちゅんたろうの日記

統合失調症の闘病日記。病気だけど明るく生きていく方法を模索中!

彼の誕生日

7月某日彼のお誕生日でした〜。

 

 

当日、彼は当直明けだったので、サプライズで玄関と廊下の飾り付けをしました!

 
f:id:chunchuntaro:20170710173928j:image

ちょうど彼の年の分だけ、彼の好きなところと解説を♡の折り紙に書いて、ペタペタと貼り付けました。
f:id:chunchuntaro:20170710173445j:image

こんな感じです。ラブホみたいになっちゃいました(笑)行ったことないからわからないけど(笑)

 

彼が帰ってきた時、私はいつも通り寝ていたのですが、(←おい!なにしてるんだ!)彼が携帯で飾りをパシャパシャ撮っている音で目覚めました。

 

私はぱっと起きて、クラッカーを鳴らしに彼のもとに走りました。

 

すると、満面の笑みの彼の顔がキラキラと輝いていました〜(笑)

「ありがとう」と言われ、写真を撮りおえた後にメッセージを全部読んで、少し涙を流しながら喜んでくれました。

 

「お金をかけられないから、こんなんでごめんね」と私が言うと、「心のこもったメッセージが一番嬉しいよ」と。

 

お金をかけられないのが申し訳なかったので、その言葉を聞いてほっとしました。手作りのものを喜んでくれる彼でよかった〜、とますます彼が愛おしくなりました。

 

メッセージが全部終わると
f:id:chunchuntaro:20170710175112j:image
f:id:chunchuntaro:20170710180134j:image

こんな感じでプレゼントをぶら下げておきました。

 

いつもボロボロでゆるゆるで毛玉いっぱいのパンツを履いているので、ちょっと高いパンツのプレゼントです。(笑)

そのあと欲しがっていたBluetoothのイヤホンもあげました。 

ものすごく喜んでくれてサプライズ大成功でした。

 

 

その後、彼の実家へ私も一緒に連れて行ってくれました。

焼肉をご馳走になり、家に帰ると家族がサプライズでケーキを用意してくれていました♡

 

 

彼が小さい頃のたくさんの写真を見たり、彼の初めてのおもちゃ(なんと二十数年も両親が大切に保管してくれていた。)を見たりしました。

彼が愛されて育ってきたことを実感して、ほっこりあたたかい気持ちになりました。

 

 

おめでとう。いつもありがとう。大好きです。