ちゅんちゅんたろうの日記

統合失調症の闘病日記。病気だけど明るく生きていく方法を模索中!

結局ニートの私。

以前専業主婦宣言をしたのてすが、最近「主婦です。」と言うのが恥ずかしいのと説明が面倒なので、またまた「ニートです。」と、言っています。

 

今日折込チラシに、「ニートが増えている。彼らは生きるということができず、苦しんでいる。」と書かれているのを見ました。しっかりと読んではいませんが、たぶん生きる=希望持って活き活きと生きるということなのでしょう。でもね、希望がなくたって、落ち込むことが多かったって、死にたくなるようなことがあったって、生活している人はたくさんいると思うんですよ。私もその一人です。それに皆それぞれ事情があって働けないわけだから、ニートが増えているとかいって問題にしないでほしい。働けたら働くんだから、その時まで待ってください。まあ、苦しんでいるというのは事実かな。でもさ、皆苦しんでいるでしょ?苦しんでいない人っているの?!いないよね。皆なにかしらの苦しみを抱えているから、ニートだけが特別なわけじゃないですよ。

 

結論。ニートに対する世間の目は厳しい。でもいちいち気にしてたら気が滅入るから、流そう。こんな折り込みチラシはゴミ箱にポイ。