ちゅんちゅんたろうの日記

統合失調症の闘病日記。病気だけど明るく生きていく方法を模索中!

調子が悪かった訳

ここ最近家事も食事もままならないほど調子が悪かったのですが、先生がその理由を教えてくれました。

その理由とは、薬の量を減らしていたからだそうです。臀部に注射をした時から減っていたので、今まで調子が悪いことが多かったのはそのせいだということになりました。もちろん、それだけではなくてストレスもあるけれど、ストレスにはきちんと対処できるようになってきたので問題はありません。

 

先生の指示で余っているお薬を飲んだら、コンディションがよくなったので、お薬は大事だな〜と実感しました。なかなか自分に合う量を見つけるのは(患者はもちろんお医者さんも)大変で、量が決まった!と思ったら調子を崩したり、副作用が出てしまったりして、なかなか難航する作業です。それでも先生を信じていれば、いつかちゃんと普通に生活できる気がするので、信じてついていこうと思います。

 

皆さん、闘病は辛い時もありますが、そんなときは身近な人と先生に助けを求めて、なんとか生きていきましょう。治療をすれば、この苦しみは永遠ではないはずです。