ちゅんちゅんたろうの日記

統合失調症の闘病日記。病気だけど明るく生きていく方法を模索中!

料理が生きがい

今日は24時間幻聴が聞こえてきませんでした。さらに、今日私が口にした独り言は「生きたい」でした。ちょっと嬉し涙がでました。

 

無職であるせいでできないことがあり、そのせいで起きてからずっと沈んでいたのでいました。でも、料理をして、食べて、そのあと料理雑誌を見ていたら、とてつもなく生きていることが楽しくなってきました。

 

嫌で嫌でたまらなく、胸糞悪いこともたーーっくさんある。収入がなくて、落ち込む毎日を過ごしている。無職の自分が人からどう思われるか考えたら、キリがないほどうんざりする。

けれど、料理は生きていくために必要不可欠で毎日を楽しくさせてくれる魔法です。料理という魔法をかけて、嫌なことは忘れてしまいたいです。

 

安かった食材で新しいレシピを考えると、達成感があります。本や雑誌で見つけたレシピを試すのも心が弾みます。

 

健康でいられるように、と願ってご飯を作っていますが、たまに体調を崩してしまうことがあります。そんなときはコンビニご飯に頼っても、インスタントでも、とにかく食べること。食べることは生きることだから、食べないでもっと体調を崩すより食べることが大切。

 

「生きたい」「生きよう」「生きてやる」そう思えるように、料理をして、たらふく食べようと思います。

 

お腹いっぱいになるだけ食べさせてくれる、彼氏に感謝感謝感謝です。ありがとう。