よく寝た日は調子がいい

夜は眠れる時と眠れない時がありますが、調子の傾向をつかめてきました。

よく眠れた日(12時間以上)は調子がよく、あまり落ち込みません。

しかし、眠れなかった時は、何をしても疲れたり、やる気が起きなかったり、楽しくなかったりするのです。

一日が短いのは、昼に干した洗濯物が乾かないなど厄介なこともあります。翌日に、その日の洗濯物をまた干すのはとても疲れてしまいますが、お日様を浴びて気分転換できるので楽しくやってみます。

何より眠ることによって少しでも動けるようになるので、今は家事を犠牲にするけど睡眠に時間をかけようと思います。

たくさん眠っていいよと言ってくれる彼に感謝しています。