社会人一年目の友人たちへ

今日は社会人一年目の友人たちについて書こうと思います。(私は事情がありニートです。)


社会人になって、2か月を過ごした友人たちは皆疲れているようです。話してみると、皆慣れないことに戸惑っているようです。社会人になってお給料をもらうということは、並大抵のことではないんだな、と感じると同時に友人たちのことがとても心配になりました。日本の大人のほとんどの人がこの社会人一年目という道を通ってきたんだな、と考えると、皆本当にがんばっていますね。

今みんなに願うことは、無理しすぎたら、少し休んでほしいということです。
働く大変さを知らない私が言うのもおかしな話ですが、皆とーーっても無理していて、無理しないわけにはいかない状況にいるので、無理したら少しでも休んで欲しいです。
身体と精神が参ってしまいませんように、それだけを祈っています。

休む方法は、寝たり、自分の趣味をしたり、SNSを覗いたり、マッサージにいったり、美味しい料理を作ったり、友達とご飯したり...自分が一番休めることをできたらきっとパワーを充電できると思います。

社会人一年目は、きっと失敗したり、怒られたりの連続だと思うけど、どうか自分を責めすぎないでください。自分のミスは次につなげるためと割りきって、あまり落ち込み過ぎないようにしてください。
できたことにも目を向けて、自分のどんな小さな能力でも認めてあげてください。

大変なこともあるけど、きっと嬉しいことややりがいも感じれるようになるはずです。


ファイト!!心から応援しています。