ちゅんちゅんたろうの日記

統合失調症の闘病日記。病気だけど明るく生きていく方法を模索中!

病気という枠から抜け出して

自分の人生を考えた時、どこでどうなるかわからないからやりたいことをやろうと思いました。今、ぼんやりと描いた夢に向かって頑張っています。

 

病気だから無理だと制限されていたのに、ちゃんと仕事を始めることができて、ひとまずは安心しています。

 

夢を叶えたあかつきには、統合失調症という病気を持っているのは私の一部分でしかない、と捉えられる日がくると思います。必ず来させよう。

 

一歩ずつゆっくりとでいいから、制限しないで進んでいこう。

 

病気が悪化するかもしれないから、後悔のないようにたのしんでいきたいです。一度きりの人生、やりたいように生きなきゃ!

 

疲れて休んでいるときは、私は無能な人間だと自己嫌悪に陥って自信をなくしてしまうこともあったけど、そのおかげで今謙虚な気持ちで人と接して感謝の心を素直に伝えられているのだと思う。無駄なことなんてない。

 

自分を否定する言葉はもう山ほどいろんなバリエーションで聞こえてきたけど、そんな言葉は私を表しているわけでなく、本当にどうでもいい言葉。病気で辛いことはきっと人にはわからないから、そんな声が聞こえて辛いなら自分で自分を励ましていこう!「よくできたね」、「がんばってる」、「いいよ」等。そして心のケアも忘れずに。「無理してない?」「がんばりすぎないで」、「気楽に考えよう」、「状況はよくなるよ」。

 

現実を見つめるのが辛い時は、逃げてもいいから。あんまり自分を責めたり、追い込みすぎるのも、よくない。

問題解決の方法がわからない時は、人に頼るのもあり。自分のことを真剣に思ってくれる人の意見は聞こう。でも、どこか馬鹿にしてくる人や、無理難題を押し付けてくる人の意見は話半分に。(笑)そういう人はたいてい自分の物差しで考えている。

 

病気というのはハンデじゃなくて、人の苦しみを理解できるようになるための経験値。

すごい経験値を持っているんだから自信を持っていこう!

制限しないでいこう〜!