ちゅんちゅんたろうの日記

統合失調症の闘病日記。病気だけど明るく生きていく方法を模索中!

私の芝生で青く生きよう

病院の先生と、隣の芝生は青く見える件について話しました。「あなたが働いているみんなのことをいいなあと思うように、みんなもパートナーと幸せに暮らしているあなたをいいなあと思っているわよ。」と先生に言われ、はっとしました。

 

そうだ!私の生活も人から見たら羨ましいかもしれない。だったら、他人のことばっかり羨んでいないで、自分の生活をもっとたのしんでもいいんじゃない?

 

人と比べると過呼吸になるほど、苦しくなってしまいます。周りを気にせず、私は私の芝生で青く生きたいです。

 

というわけで、昨日お家を片付けました。

 

このところ、ずーっと雨が続いているのでお洗濯できず、せっかくだから洗濯の時間を片付けすることにしました。

 

きれいになったお部屋は気持ちよかったです。ゴミを捨てて、物をあるべき場所にしまえば、案外すぐ片付くのだということがわかりました。その物をしまう場所が決まっていないとちらかってしまうのかもしれません。

 

あ〜早く晴れないかなあ!溜まった洗濯物を干したいです。

神様からもらった休み

「働きたいです。」

そう、先生に伝えてみました。

 

「あと一年はやめておきましょう。」

と、先生に言われてしまいました。

幻聴が聞こえているうちは、働かないほうがいいとのことでした。

 

彼氏に家賃と食費と雑費を出してもらっているからいいじゃない?と先生は言いますが、あと一年働けないとなると、私の貯金も底をついてしまうのではないでしょうか。今までも節約してきたけれど、これからは遊びに行くのも控えようと思います。友達と疎遠にならないかが心配なところ(笑)

 

 

あ〜好きな服も、化粧品も買えないのは結構しんどいです。どうしても、友達がいい買い物しているのと比べてしまいます。友達皆は朝から晩まで働いているから、私が買えなくて友達が買えるのは当たり前ですけどね。

 

本当は先生に「働かないとピンチなんです」と言いたいところだけれど、先生も私の為を思って言ってくれてると思うので、何も言い返せませんでした。

生活保護や年金に頼りたいけれど、そんなことしたら親がだまってない。無いなかからお金を出すと言うに違いない。

 

切実に宝くじ当たらないかな、と願っています。まあ、買ってもいないんですけど(笑)

 

 

この一年神様からもらった休みだと思って、お金のかからない遊びを探求することにしますね!しばらくは図書館にお世話になろう!

 

まだ貯金なくなったわけじゃないし、彼氏とこうして住めてるし(忙しいけど)、前を向いていこう(*^^*)☆

 

どう思われてるか

人に会う機会があり、自分がどう思われてるか考えずにはいられません。

 

考えてもどうしょうもないことだとはわかっていますが、どうしても考えてしまいます。

 

若いのに仕事もせず彼氏のところに転がり込んだ私。

みんな楽していいな、と思ってるのでしょう。

 

 

みんなに「いいよ〜専業主婦楽しいよ〜」と言えるくらい、楽しんで生活したいです。だから、寂しい寂しいとも言ってられないです。私にも辛いことはあるけど、それをあんまり人に言わないでおこうと思います。病気で苦しんでる人よりは楽しそうに生活してる人だと思われたいです。

 

私の目標

毎日家事をできる範囲でやって、残りの時間は楽しいことをする!

 

 

少し話は逸れますが、昔よく思われたいからいい人になろうとしてがんばりすぎちゃうこともありました。でも、今はありのままのちょっと性格の悪いくらいの自分でいいかなって思います。肩肘張らずに等身大の自分で、人と接したいです。時には建前を言うことも必要かもしれないけど、たまに疲れてしまうから言い過ぎ注意。思ったことすべてを口にしなくてもいいけど、言ってもいいことはちゃんと伝えたいです。

どう思われてるかじゃなくて、どう思われたいか、を気にして生きていこうと思った一日の終わりでした。

 

 

 

人にやさしくできただろうか?

外に出るとたくさんの人に出会います。

一日が終わるとき、「今日私はそんな人たちに優しくできたのかな?」と自分に問いかけます。

 

たいてい、「できてない。」で終わります。

 

だから、明日はもっと優しくなれるように、とお祈りして寝ます。

 

もう二度と会わない人だからこそ、丁寧にお話しよう。

 

人と話すときは笑顔で返そう。

 

そんな気持ちを持って、明日は実りある一日になりますように!

 

電車酔いしたら親切な方に助けられた話

8月某日、私は6時半の電車に乗り、目的地には8時半に着く予定でした。

 

ところが、電車に揺られるとどうも気持ち悪くて吐き気がしてしまいました。ひとまず、乗り換えの駅で降り、トイレで吐こうと手を喉につっこんでみたりしたのですが、そうしているうちに吐き気は収まりました。

気のせいだったのかと思ってまた電車に電車に乗りしばらく揺られていると、また気持ち悪くなってきました。満員電車の中で思わず、うずくまってしまいました。うずくまったり立ったりを繰り返して、さすがに乗客の方々に申し訳なかったので、すぐ次の駅で降りて、水を買い休憩しました。

 

しばらく休んでいると、苦しかった呼吸も楽になり行けそうな気がしてきたので、また電車に乗りました。しかし、またもここで気持悪さが押し寄せてきました。でも、降りてもまた時間がかかってしまうだけだから、東京駅までは行こうと思い、気持ち悪さを堪えながら立ち電車に揺られていました。

 

東京駅につき、歩いているとますます気持ち悪くなってしまい吐きそうになってしまいました。ちょうどエスカレーターを登ったところの、わきに座りながら寄りかかれる場所を見つけたのでそこでうずくまっていました。気持ち悪くて、息をするのもやっとで、うずくまって3分後くらいにお姉さんが駆け寄ってきてくれました。

お姉さん「大丈夫?どうしたの?」

私「ちょっと気持ち悪くて」

お姉さん「水買ってこようか?」

私「持ってます」

お姉さん「それなら出してあげる!...はい」

私「ありがとうございます」

 

私「お時間大丈夫ですか?」

お姉さん「大丈夫。大丈夫。気にしないで。...ちょっと駅員さん呼んでくるね。」

 

私は気持ち悪いながらもこのお姉さんはなんて優しくて天使みたいな存在なんだろうと考えていました。赤いプラダのバックを持っていて、髪を後ろで一つ結びにしているそのお姉さんは、品があって、笑顔がとても綺麗でした。気持ち悪さはまだ収まらず、駅員さんを呼んで戻ってきてくれたお姉さんは、駅員さんに「どこかでこの子を休ませてくれませんか」とお願いしてくれました。

 

なんと駅員さんの誘導で、東京駅の旅行者救護センターに行くことになりました。私の荷物をお姉さんが持ってくれて、私はお姉さんに抱えられながら歩きました。救護センターにつくとお姉さんは、「この人、気持ち悪いみたいなんですけど、休ませていただけますか」とセンターの方に声をかけてくれました。救護センターにはベッドが数台置いてあって、私はベッドで横にならせてもらいました。私が横になるとお姉さんは「じゃあしばらく休んでてね。無理しないでよくなるまで休んでいたほうがいいと思う。」と言って、にこっと微笑みながら手を振り、「じゃあねー」と去っていかれました。

 

勇気と余裕がなくて名前を聞けなかったのが、心残りです。普通こういう場合は名前と電話番号を聞いて、あとからお礼の電話をしてお礼にお菓子を送るのでしょう。しかし、私は聞きそびれてしまいました。

 

名前は聞きそびれましたが、私の心にお姉さんの行動は深く残りました。

お姉さんのように、困っている人がいたら助けられる人になりたいです。自分のことばかりじゃなく、周りのことに気を配って、困っている方に「大丈夫ですか?」と言える、そんな心を持った人になりたいと思いました。名前も知らない私に話しかけるのはとても勇気のいることだったと思います。しかし、その勇気にとても助けられました。

たくさんの人のいる駅でうずくまることはとても恥ずかしく、お姉さんがそばにいてくれるだけで、とても心強かったです。

 

お姉さん、本当にありがとうございました。

 

 

私はというと、一時間ほど休ませてもらい、もとに戻りました。

東京駅からまた電車に乗って目的地につき、人と会い楽しい時間を過ごしました。帰りに電車に乗るとまた気持ち悪くなってしまい、なんとか東京駅まで行き、そこで無理せず、駅員さんに「救護室まで連れて行ってもらえますか?」とお願いしました。

親切な女性の駅員さんが、吐いたとき用のビニール袋もくれ、救護センターまで送り届けてくれました。

そこでも一時間ほど休ませてもらい、まだ気持ち悪さは消えなかったのですが、帰らければ!と思い、帰ることにしました。

 

帰りら再び電車に乗ったのですが、今回は座れて、気持ち悪いのも少しで吐くまでではありませんでしたので、大丈夫でした。

 

家について振り返って思うのは、東京は人が優しくないと思っていたけれど、そんなことなくて優しい人もいるということです。そして、私もそんな優しい人間になろうということです。視野を広くして、その人のしてほしいことをできる人になりたいです。

 

人の温かさを実感した一日でした。

 

 

 

8月3日その後...

その後、めまいと気持ち悪さが収まったので、洗濯物を干し、買い物に行ってきました!

 

洗濯はきつかったけど、音楽を聞きながらやったら楽しくなってきて、気持ち悪さを忘れて干せました。

ちなみに今日は

木村カエラちゃんの『カメレオン2世』

スキマスイッチの『ガラナ

松任谷由実さんの『カンナ8号線』

を聞きました。

ガラナ

ガラナ

(カメレオン2世とカンナ8号線はitunesにありませんでした!残念!)

 

一番耳に残ったのはカンナ8号線。恋愛の曲なのかなあ?よくわからないけど、胸がきゅーんとしました。こういう味のあるメロディーも好き。いい!!

 

 

 

それから、今日は三太郎の日なので買い物の途中でミスドに寄って、ドーナツをもらってきました!auからドーナツ280円分をもらい、残りは自分で支払って大満足♡明日の朝ごはんにしようかな。ドーナツを見たら彼、びっくりするかなあ!!彼の顔を見るのが楽しみです。

 

 

そして、帰り道。電池が切れたのか、貧血のようになって、歩くのがきつくなってしまいました。幸い荷物は軽かったので、少しずつ少しずつ歩いて、ようやく家に着けました。

 

こんな調子じゃまだまだ働けないなあ😭

早く働きたい気持ちと言うことを聞いてくれない体。もどかしいです。

こういうときこそ、焦らずいこう。まずは家事をこつこつと!

 

今日も残りの家事、がんばります!

 

 

謎のめまいと気持ち悪さ、再び。

朝はなんとか洗濯機を回して、再び横になりました。

 

洗濯機が終わり、ベッドから立ち上がると、立ちくらみが!!もうね、立ちくらみなんてレベルじゃないです。立ててすらいないから、立てないくらみ!!語呂悪いなあ(笑)

 

頭をがーんと打ったみたいになり、目の前は真っ暗。そのままベットに倒れ込みました。

 

立ちくらみはいつものことだけど、いつもより激しくて、怖かったです。いつもはたちくらんでいるのを我慢していたら普通に歩けるようになります。が、今日のはとてもじゃないけど歩けない。あ〜怖かったです。

 

今は洗濯物を干せずベットで横になっています。洗濯物が臭くなっちゃうのが心配です。

 

しばらく休んでベッドサイドに置いている水も飲めたし、また洗濯物を干すの挑戦してこようと思います!

 

無利しないで、がんばってだめだったらまた帰ってこよう。