彼の優しさ

先日から彼は風邪をひいているんです。私はニートだから、彼から風邪がうつっても何時でも休めるからいいと思ってちゅーしようとしたら、諭されました。

 

「風邪ひいたら、辛くなるのは〇〇(私の名前)だし、俺は辛い〇〇を残して職場に行くの嫌なんだよ。それに、もし風邪をきっかけにまた幻聴が聞こえるようになったらどうする?もう辛い思いはさせたくないんだよ。もしかしたら、もううつってるかもしれないけど、少しでも可能性を下げたいの理解して。」

 

そんなに私のことを大事に思ってくれているんだと思ったら涙が出てきました。嬉し涙です。

 

彼の優しさを噛み締めて、これから風邪引かないように手洗いうがいをしっかりします。

 

麻央さんが亡くなったことを受けて

小林麻央さんが亡くなったこと、とても悲しいです。

 

どこかで奇跡が起こって助かるかもしれないと思っていたので、亡くなったことを受け止められません。

 

麻央さんのブログにはとっても励まされていました。がんという恐ろしい病に立ち向かいながら、母として妻として前向きに生き続ける姿に感銘を受けていました。ブログは麻央さんががんばった記録ですね。

 

きっと痛かったこと、苦しいこと、たくさんあったと思います。そんな時にも同じ病気の人や、ファンに対して気遣う心は本当に素敵だな、強い人だな、と感じます。

 

私も麻央さんのように前向きに、日々の生活を丁寧に生きたいです。

 

麻央さんの美しい心、とっても胸に響きましたよ。

 

心よりご冥福をお祈りします。

将来のビジョンは不明

将来のビジョンは?と聞かれて、ちょっと困ってしまいました。

 

この病気をして将来自分の描いていたものが崩れてしまったので、もう同じ思いはしたくないです。

どうなるかわからないから思うがままに進むのも有りかなあ〜、と思っています。

 

あ、でもビジョンは一個だけ!「人生なんとかなるもんよ」と笑って言える明るいおばあちゃんになりたいです。

気合が足りないから?

前回のブログにも書きましたが...いつも睡眠薬を飲み0時に寝て12時に起きています。それでもまだ眠いというのが睡眠薬の怖いところです。これでは運転免許をとることができない!と、思い睡眠薬を飲まないで寝てみました。

 

結果4時には寝れて起きたのは12時です。8時間も寝てしまいました〜。薬を飲んでたのと変わらない起床時刻...(;_;)これで、私が起きれないのは気合が足りないからだとはっきりわかってしまいました(笑)

 

今日こそ早く寝れて朝早く起きれたらいいのですが、どうでしょう。

 

やっぱり、昼間に動くことが夜よく眠れることに繋がると思うので、今日は5日ほど貯めていた畳んでいない洗濯物の山にとりかかろうと思います。そして、彼が帰ってくるかもしれないので、餃子を作ろうと思います。よーし、がんばるぞ!動け、私!

 

 

過眠傾向

睡眠薬フルニトラゼパムを飲んでから、ずーっとそうなのですが、お昼まで寝ています。

 

毎日「また今日もたくさん寝てしまった...」と思いながら、謎の絶望感に襲われながら起きています。

 

そして、昼まで寝てるのにも関わらず眠いです。薬を飲んでいるからしょうがないと思ってきたけど、ここで問題が!!これじゃあ、運転免許を取れない。

 

なんとか睡眠薬を飲まなくても眠れるようにしなくては!そして朝起きて夜寝る生活に戻さなくては!と危機感を募らせています。

 

今日は半錠飲んだので、明日の朝早く起きて明日はフルニトラゼパムを飲まないことにします。うん、そうしたいです。

 

今日は無理せず食器洗いをして寝ることにします。せめて、台所だけでも綺麗にしようというのがちょっとしたモットーです。

よーし、眠いけどがんばるぞー!!

 

統合失調症の私が服薬を続けてきてよかった話

昔住んでいた県に、戻ってきて3か月ほど経ちました。

懐かしい人たちに会うことができて、「まさかまた会えるなんて!」という嬉しさで舞い上がっています。

 

 

2年前は人に会うのが怖くて、彼氏にさえ、「近寄らないで!」と言って他人との接触を避けていました。そんな私が、外に出て、昔の友達と会えていることは奇跡だなあ、と思います。何度も薬を変えて、副作用でちょっぴり辛い思いもしているけど、たくさんの友達と会えるようになったから、治療を諦めないで本当によかった。幾度となく副作用で動けなくなった日には断薬を考えましたが、そのたびに「薬を飲み続けようね。」と言ってくれた彼氏と友達、そして「何か心配なことがあったらいつでも電話をください。」と言ってくれた優しい病院の先生に心から感謝の気持ちでいっぱいです。

 

彼氏には、いつも「私は統合失調症じゃないからもう薬を飲みたくない!病院にも行きたくない!」と愚痴をこぼして、いつも困らせていました。その度に、彼氏は私に服薬が必要なことを説明して、「いつか合う薬が見つかれば働いたり好きなことをできるようになる日がきっとくるよ」と、希望を持たせてくれました。彼氏がいなければ、私はとっくのとうに治療をやめて、統合失調症の症状に苦しみ続けていたかもしれません。

 

私に合う薬が見つかったきっかけは、病院を変えたことでした。私は引っ越しをきっかけに病院を変えることになったのですが、新しい先生たちのおかげで、引っ越してきて一ヶ月後に自分に合う薬と量が見つかりました。

もしなかなか薬が見つからない方がいたら、根気強く病院を変えて、信頼できる先生を見つけるのもひとつの手だと思います。

 

 

 

✾これからの課題

ストレスが完全になくなればいいけれど、私はストレスを感じやすく溜め込みやすい性格だから、きっとこの先も多少のストレスを抱えながら生きていくのだと思います。(誰にでもストレスはあるでしょ!という声が聞こえてきそうだけど、感じ方は人それぞれなので、ストレスの度合いを他人と比較することはできないと思っています。)

私がストレスを感じやすい原因は、自分の考えを言葉にして発言するのが苦手だと言う所にあるんじゃないかな〜と推測しています。誰かが何か発言したら、「そうだよね!」とすぐ共感してしまいます。そして、何時間か経って一人になった時に初めて、その人の言っていた言葉をよく考えて、私はその人とは少し違う意見だったと気がつくことがよくあります。自分の思っていることをすぐ言語化できればいいのですが、それができず、誰の意見にも賛同してストレスが溜まってしまうのでしょう。

そんな私に今必要なことは、会話をしながら、少し頭の中で考えることです。多分これって当たり前のことかもしれませんが、私は慣れていないので特訓が必要です。自分の考えをすべて相手に伝えなくてもいいけど、思ったことは自分の考えとしてとどめておけたらいいです。

 


f:id:chunchuntaro:20170612234858j:image

写真は私の故郷、北海道のコスモスです。青い空とお花を見ると、心が癒やされます。

わたしのdefying gravity

このところ、家族の問題があって頭を悩ませています。信じられないことがまもなく起こる予定です。誰かに見られたら困るので詳しくは書けません。

 

自分の気持ちに蓋をしたくないし、兄弟のことも守りたい。勇気を振り絞って、圧力に負けないでいたいです。

 

そんなことを考えていたら、ちょっと軽いうつ状態です。でも、死にたいと思うところまではいっていません。むしろ、生きて兄弟のケアをしようと考えています。いつも兄弟には助けられているので、今度は私がちゃんとしていようと決意しました。

けど!力が入りません。久々にふらふらします。ご飯を食べる気になりません。少し弱気になってしまい、涙が出ます。

 

もう無理かもしれないけど、一か八か行動してみようかな。兄弟を守るために、やれることはやらないとあとで後悔する。